2011年度オンブズマン利用契約書


   湘南ふくしネットワークオンブズマン活動に関する利用契約書


         を甲とし、特定非営利活動法人湘南ふくしネットワークオンブズマンを
乙として、甲及び乙は、甲が乙の活動を以下の内容・条件により利用することに合意
する。

第1条(目的)
1 甲は、本契約に基づいて乙に対しオンブズマン活動を利用することによって、甲の
 提供する福祉サービスの利用者(障害者・高齢者・児童、以下、単に「利用者」と
 いう)の人権・権利の確保とアドボカシーの実現をはかり、そのことを通じて甲自らの
 福祉サービスの質の向上を目指すものとする。なお、本契約において「アドボカシー」
 とは、利用者の立場に立ち、利用者の意思表示を支援しあるいは代弁することに
 よって、利用者の人権・権利の確保を目指す活動を意味するものとする。
2 乙は、甲の委託を受け、添付別紙オンブズマン活動宣言の趣旨に沿って、第2
 条所定のオンブズマン活動を行う。
3 甲及び乙は、次の3点をとくに念頭に置いて、利用者の人権・権利の確保とアド
  ボカシーの実現を目指すものとする。
 (1) 福祉サービスの提供者側は、何よりもまず利用者の人権問題を最優先に考
    えること。
 (2) 利用者が地域で普通の生活を営むことを実現させるために、具体的なプログ
    ラムと必要な環境作り等を考え、提言し、整備に向け努力すること。
 (3)精神的に不安定になりやすい、あるいは不安定になることのある利用者に対す
   る対応の問題について重点的に、その人の人権を尊重する形で配慮すること。

第2条(オンブズマン活動)
1 乙に属するオンブズマンは添付別表のとおりとする。
2 原則として、毎月1回、複数の担当オンブズマンが、以下のような活動を行
  うものとする。
 (1)利用者の人権・権利の確保とアドボカシーの実現のための相談活動
 (2)利用者の自治会、家族会または職員会議等の活動に必要に応じて関わ
  ることによる、利用者の人権・権利の確保とアドボカシーの実現のための啓
  発活動
3 甲は、乙のオンブズマン活動が有効に機能するように、オンブズマン協力
  員を選任し、オンブズマン・利用者間のコミュニケーションについて必要な
  支援を行うこと、オンブズマンの存在と活動について利用者並びに甲の職
  員等に紹介し認識させること、その他オンブズマン活動に必要な協力活動
  を行わせるものとする。
4 乙は、本条3項の活動によって明らかになった課題について、原則として
  課題の提起・発見時点から2週間以内に、何らかの具体的な対応に着手
  するものとする。
 (1)乙は甲に対し、利用者の人権・権利の確保とアドボカシーの実現のため
   に必要な限度において、書類の提出要求や関係者からの事情聴取等の
   調査活動を行うものとし、甲はこれに協力するものとする。但し、利用者の
   プライバシーに関わる情報の提示については利用者本人の承諾を要する
   ものとする。
 (2) 乙は、必要に応じ、甲に対し、利用者の人権・権利の確保とアドボカシー
   の実現のために、口頭により意見を述べ、あるいは質問書、意見書、要望
   書、勧告書又は警告書等を提出するものとする。
 (3) 甲は、(2)の書面を受領した時点から1か月以内に、何らかの誠実な対
   応を行なったうえで、それを乙に対して報告するものとする。
 (4) 乙は、(1)の活動によって明らかになった課題について、苦情や意見の
   申立人的な立場の人がいる場合には、その人に対し、上記の対応の過程
   について逐次報告し説明するものとする。
5 乙は、甲及び湘南ふくしネットワーク21などの問題状況をふまえて、社会的
  な制度改善に向けた提言等の活動を行う。
6 乙に属するオンブズマンは、原則として毎月1回、全員のオンブズマンが集
  まる機会を設け、利用者の人権・権利の確保とアドボカシーの実現のため
  の、情報の整理・交換・集約や具体的な対応活動に関する協議などを行う
  ものとする。但し、緊急の必要がある場合には逐次、上記の情報交換等が
  行われるものとする。

第3条(利用料金)
1 オンブズマン活動の利用料金については、定款細則第5条2項の規定に従
  い、1年間(当年4月から翌年3月まで)につき、利用者1人に対し 5,000円の
  割合とする。
     ( 5,000円×施設定員数)
2 甲は乙に対し、前項の利用料金を全額一括して、当年6月末日までに支払う。

第4条(期間・更新・解約)
1 本契約の期間は、契約が締結された当年4月から翌年3月までの1年間とする。
2 本契約は、甲乙いずれかが契約期間満了の3か月前までに異議を述べない
  限り、同内容により自動的に更新されるものとする。
3 甲及び乙は、利用者の人権・権利の確保とアドボカシーの実現のために明ら
  かな不都合を生じた場合を除き、本契約を契約期間中に解約することはでき
  ない。

第5条(協議)
 甲及び乙は、本契約書に定めのない事項については、相互間において随時
 協議して定めるものとする。

              
                                        年  月  日


               甲                       . 

               乙  〒253-0043 茅ヶ崎市元町 5-22 永井ビル3階
                    特定非営利活動法人 
                   湘南ふくしネットワークオンブズマン
                   
                   理事長                 .







   湘南ふくしネットワークオンブズマン活動に関する個人利用契約書


       を甲とし、湘南ふくしネットワークオンブズマンを乙として、甲及び乙は、
甲が乙の活動を以下の内容・条件により利用することに合意する。

第1条(目的)
1 甲は、本契約に基づいて乙のオンブズマン活動を利用することによって、     .の
  人権・権利の確保とアドボカシーの実現をはかるものとする。なお、本契約において
  「アドボカシー」とは、     の立場に立ち、     の意思表示を支援しあるいは
  代弁することによって、利用者の人権・権利の確保を目指す活動を意味するものと
  する。
2 乙は、甲の委託を受け、乙の定款、細則及びオンブズマン活動宣言の趣旨に沿って、
  第2条所定のオンブズマン活動を行う。

第2条(オンブズマン活動)
1 甲は、何らかの相談の必要が生じた場合には、乙に対し、オンブズマンの派遣を要
  請することができる。
2 甲の要請によって派遣されるオンブズマン及び派遣日時については、甲の希望と相
  談の内容に応じて、その都度甲乙協議して決めるものとする。
3 相談時間は、原則として、1回につき2時間以内とする。
4 乙は、甲の相談に基づき具体的な活動を要する場合には、原則として相談日から
  2週間以内に、何らかの具体的な対応に着手し、その対応内容について甲に対し逐
  次報告するものとする。

第3条(利用料金)
1 オンブズマン活動の利用料金については、定款細則第5条2項の規定に従い、1年
  間につき、金6000円(月500円)とする。
2 甲は乙に対し、前項の利用料金を全額一括して、契約月の末日までに支払う。
3 甲は乙に対し、前2項のほか、相談内容に応じて特別に発生した諸経費を、発生の
  都度支払うものとする。

第4条(期間)
 本契約の期間は原則として契約締結日より1年間とする。


第5条(協議)
 甲及び乙は、本契約書に定めのない事項については、相互間において随時協議して
 定めるものとする。

                                        年  月  日


               甲                        .

                乙  〒253-0043 茅ヶ崎市元町 5-22 永井ビル3階
                    特定非営利活動法人 
                   湘南ふくしネットワークオンブズマン
                   
                   理事長                 .