・問題解決のプロセス

 利用者からの相談では、すぐに解決可能な問題であったり、問題が複雑になっているものがあります。たとえば施設内の軽微な物理的な問題であった場合には、その場で施設長やオンブズマン協力員に指摘をします。しかし重大な問題や複雑な問題が関係している場合には、月に開かれるオンブズマン委員会で問題を共有しながら、対応を考え、委員会として施設等へ文書で対応を求めます。その文書は報告書、要望書、意見書などがあります。その後、話し合いを持ったり、協議を行いなどしていきます。



・相談方法は

私たちは契約によって活動を開始します。施設と契約をして、月に一度訪問して相談を受けています。施設で話したくない方の個別相談も受けています。相談内容は秘密にします。相手がいるときはあなたと相談しながら解決していきます。連絡方法は電話・ファックス・手紙・24時間対応の電話もあります。個人での契約もできます。