湘南ふくしネットワーク オンブズマン活動宣言

                        前 文
私たちオンブズマンは、施設や地域において、福祉のサービスを利用または必要とする
人たち(以下、「利用者の人たち」という)の権利を守り、その人が決めた、その人ら
しい生活を実現するために活動します。私たちは、利用者の人たちの意見に耳を傾け、
それらの人たちがかかえている問題に対し、一所懸命にとりくみ、アイディアを出し合
い、持てるだけの力を集めて、利用者の人たちの権利を守り、その人らしい生活の実現
のために役立ちたいと思います。そのためにはぜひ、まわりにいる人たちにも協力をし
ていただくことが必要になります。ただし私たちは、あくまでも利用者の人たちの権利
を守ることを第一に考えています。このような立場をとりますから、活動のなかで、と
きには利用者の人たちのまわりにいる人、たとえば、施設を経営する人や施設で働く人、
あるいは役所の人たちなどと対立することがあるかもしれません。しかし、そのような
ときでも私たちは、何よりも利用者の人たちの権利を守り、かつ実現することを第一に
考えたいと思っています。それは決してまわりの人たちと対立することを好んだり、批
判することを目的としているのではありません。私たちは、いろいろな立場の人と正面
から向き合って、真剣に話し合い、協力しあっていきたいと考えます。あるときは意見
を異にしながらも、利用者の人たちの声に耳を傾け、一人ひとりの声を実現するために
全力を注ぎます。そして一人ひとりの声の実現をその人だけのものとするのではなく、
この活動を通して、まず私たちの住む湘南、そして神奈川県の人々の幸福を実現したい
と思っています。さらにこのような活動の輪をひろげ、福祉社会の構築に役立ちたいと
願っています。

 私たちは、
@「権利」を「その人らしく生きるために欠かせないもの」ととらえ、これを守り、か
 つ実現するために活動します。
A「権利」を奪うこと、特に体罰、虐待、拘束などを絶対に許しません。
Bその人自身が決めたこと、考えたこと、訴えたことを尊重し、秘密を守り、最善の利
 益のために活動します。
C障害者・高齢者・児童一人ひとりが市民として地域社会でともに暮らせるよう、社会
の変革に努めます。
D利用者の人たち、まわりにいる人たち、地域のあらゆる人たちと協力し、ノーマライ
 ゼーション社会の実現をめざします。