特定非営利活動法人湘南ふくしネットワークオンブズマン
         2002年度 研修会講座のご案内

湘南福祉ネットワークオンブズマンでは、障害者・高齢者の方々の権利擁護と、地域生活を支えるための運動として、今年度2つの研修コースを用意いたしました。 どうぞふるってご参加ください。

研修Aコース

社会福祉基礎構造改革が進められるなか、福祉サービス利用者の権利擁護の仕組みは欠くことができません。その一翼を担うのは、市民によるオンブズマン活動と考えます。そこで、湘南ふくしネットワークオンブズマンでは、5年間の活動実践をもとに、オンブズマン養成研修を企画いたしました。多くの市民の皆さんにご賛同いただき、オンブズマンとして活動に参画していただきたいと思います。
  多くの方々のご参加をお待ちしております。

◆日程・内容・講師:
日 程 講座内容 担当
研修1
9月19日(木)
13:00〜16:30
    【社会福祉の動向とオンブズマンの役割】
1.なぜ、オンブズマンが必要なのか(70分)
2.福祉オンブズマンの実際(60分)
3.福祉オンブズマンの実際[VTR](40分)
東洋大学社会学部
助教授 高山 直樹氏
研修2
9月26日(木)
13:00〜16:30
    【オンブズマン活動の基本的な考え方】
1.権利擁護の動向と考え方(60分)
弁護士 相川 裕氏
2.ノーマライゼーションと地域生活支援(60分)
3.自己決定とエンパワメント(60分)
東洋英和女子大学
教授 石渡 和実氏
研修3
10月3日(木)
13:00〜16:30
    【権利擁護の制度、システムの現状】
1.権利擁護関係の機関(80分)
2.地域福祉権利擁護事業(60分)
神奈川県権利擁護相談センター あしすと
小野 真由美氏
3.福祉オンブズマンの実際[VTR](40分) 弁護士 大石 剛一郎氏
研修4
10月10日(木)
13:00〜16:30
    【社会福祉の動向とオンブズマンの役割】
1.障害の理解[身体障害、知的障害、自閉症等](120分)
YMCA健康福祉専門学校粟谷 弘海氏
江崎 康子氏
2.加齢とは[痴呆症、疾病等](90分) 西山 正子氏
萩園ケアセンター所長
高橋 健一氏
研修5
10月18日(金)
13:00〜16:30
    【オンブズマンに求められる基本姿勢@】
1.価値と倫理(90分)
2.コミュニケーション(120分)
和泉短期大学
eネットオンブズマン
鈴木 敏彦氏
研修6
10月24日(木)
13:00〜16:30
    【オンブズマンに求められる基本姿勢@】
1.自己理解と他者理解(60分)
2.傾聴[演習](60分)
3.受容[演習]
国際福祉専門学校
水野 翔子氏
研修7
10月31日(木)
13:00〜16:30
    【関係者の声から学ぶ】
1.行政担当者から今後の福祉の方向を聴く
神奈川県
臼井 正樹氏
2.利用者の声を聴く(高齢者、障害者、利用者自治会) 本人
3.家族の思いを聴く(家族会、保護者会) 家族
4.施設長から施設のあり方について聴く sネット21
5.職員の側からの意見や考え方を聴く sネット21
研修8
11月7日(木)
10:00〜16:30
貸切バスにて
    【加盟施設見学及び総括】
・知的障害者更生施設(入所・通所)、特別養護老人ホーム、ケアセンター、グループホーム等
・研修全体のまとめ
東洋大学社会学部
助教授 高山 直樹氏

◆開催場所:茅ヶ崎市コミュニティホール




◆参加費:30,000円 全講座受講者優先
        (研修1〜7まで1講座につき5,000円、研修8は8,000円)

◆申込み方法:申込書(docファイル)にお書き込みの上、FAXor郵送にて下記宛まで


◆お申込み・お問合せ先
  研修事務担当 江崎
  TEL&FAX:0466-81-7188
 〒251-0871 藤沢市善行4-3742-4
  E-Mail:fukusi-o@jcom.home.ne.jp

◆応募締切り:2002年9月13日(金)

◆参加費お振込先
  みずほ銀行藤沢駅前支店
   普通417-8032143
   トクヒ)ショウナンフクシネットワークオンブズマン



                             戻る